ウエストブルック先生

事務所紹介のページ(⇒リンク)でも触れていますが、私(林)は、2002年秋に米国テキサス大学で倒産法に関する短期研修をする機会に恵まれました。その際に大変お世話になったウエストブルック教授から近年の先生の論文4篇をいただきました。15年以上前にお世話になったきりなのに、わざわざ論文を送っていただいたことにただただ感謝です。実はかなり前にお送りいただいたのですが、4篇の論文(全80頁)を読むのに時間がかかってしまいました。

ところで、ウエストブルック先生には、ハーバード・ロースクール教授等を務めたエリザベス・ウォーレン上院議員との共著で、「The Law of Debtors and Creditors」という債権法・倒産法に関する著作があります。この共著者であるウォーレン上院議員が2020年の米国大統領選挙に民主党候補として出馬するとニュースで知りました。現大統領とのギャップの大きさはともかくとして、倒産法の専門家が大統領になったらどうなるのか興味深く感じます。