謹賀新年

あけましておめでとうございます。旧年中は多くの皆様にお世話になり、改めて感謝申し上げます。本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

気候のせいか年末年始という感じがあまりしませんが、年初に思うところを少し。

ITやAIの進化など、環境がどれだけ変化しようとも、依頼者の方々に最善をもたらすために弁護士が努力すべき必要性には変わりがありません。むしろ、ITやAIを超える情報やサービスを提供し続ける責務を日々痛感します。その一方で、人との繋がりにディジタルな価値を超える価値や不思議さを感じることも少なくありません。人を人と繋げ、また自らが繋げてもらえることを大切にする一年にしたいと思います。

末筆となりましたが、本年が皆様にとってよい一年となることを心から願っております。

令和2年 元旦

代表弁護士 林 康司